樹上の夏みかんはみずみずしい

先日皺しわの夏みかんを塩夏みかんにしたという記事を書きました。
これは数か月前に収穫したものだったのですが、実は樹上にはまだ十数個の夏みかんが付いたままです。

塩夏みかんの水分があと少し足りなかったので、果汁を絞るために、夫に2つほど収穫してもらいました。
包丁で切ってみると、中はまだみずみずしく美味しく食べれる状態です。

ときおり、樹上で腐って落ちてくるものもありますが、樹から採ってしまうより、付けておいた方が長持ちするのかな。まるで木の上に食糧庫があるみたいだなぁと感心しました。
DSC_0009.JPG

とは言え、今ここに残っているみかんたちは、冬の寒波を運よく生き残った者のみ。多くは、寒さで痛み、腐って落ちてしまいました。最大限収穫するには、やはり寒さが厳しくなる前に収穫してしまった方がいいのかな。但し、早めに食べてしまわないと傷んでしまいますが。

もし冬の寒さが厳しくなければ、食べる分だけその都度収穫して、ずっと樹の上に付けておくのもありかもしれないです。見た目も可愛いですし。

この記事へのコメント