生理通と筋肉(主にインナーマッスル)

生理のお話です

ここ数年の私の生理は、わりと辛い方で、腹痛、腰のだるさの他、立ち仕事や、歩行で足の裏が驚くほど痛くなったり、症状が悪化したりしていました。

なぜこんなに辛くなってきたのか・・不思議だったのですけれど、6月の生理は痛みもダルさもなく、普段通り歩き回ることもできて・・・逆に非常に不思議に思いました。

痛みが無くなった原因はなにか・・?
これは次の生理、その次の生理も観察しないとはっきりとはわからないことではありますが、この1か月の生活を振り返って何か変わったことがなかったかと思った時、思い当ることが一つありました。

ちょうど一月ほど前、筋トレを始めたのです。
体幹を鍛えるプランクと、スクワットです。
体力づくりと、姿勢を良くすることが目的で、その効果は数週間で現れ始めていました。

そして生理。無痛。
もしかしたら、筋トレが生理痛を無くしてくれたのもしれません

そう言えば、生理が終わった後数日間、子宮周りの筋肉と思われる部分が痛むこともありました。筋肉痛のような痛みです。

これはもしや、インナーマッスルが弱っていたためだったのかも。

まだはっきりしたことは言えませんが、今月、来月の生理を観察してみたいと思います。

Stay dry!の思い出と枇杷の実

夏至の今日、各地は大変な大雨です
皆様どうぞお気を付けてお過ごしください

突然ですが今日は英語 Stay dry! の話
アメリカに住んでいた頃に覚えた英語表現です

使い方は 大雨の日などに、誰かとの別れ際に「Stay dry!」と呼びかけます。言い方は「See you!」と似たような感じで
意味は「雨に濡れないようにね!」
言ってもらえると、気遣ってもらえたのがちょっと嬉しく、ほっこりします

私が初めてこの言葉を聞いたのが、ちょうど今日のような、殴りつける感じの大雨の日でした
濡れないように帰るなんてぜったいむり~、と内心思いながら「I will try (やってみる)」と笑顔で返事しました。案の定、駐車場の車に辿り着くまでの間にびしょぬれになりましたけど(傘さしてたのに!)

話は変わりますが、昨日撮ったビワの実の写真です
DSC_0001.JPG
私の住んでいる団地にはビワの木がありまして、それを団地民に配布してくれます(梅の実も頂きました)
この団地に来て初めて、ビワを食べた私は非常に感動しました

梅雨の季節の恵みは紫陽花、枇杷、そして梅の実 ・・・ なんだなぁと今日気付きました(すごく主観的ですけど)


それでは今日はこの辺で
Stay dry!
posted by 725 at 14:23Comment(0)日記

西洋カボチャに雌花

6月19日。借りている畑に行ってきました。
西洋カボチャ(東京南瓜)に雌花がついていました。ぶじ受粉すると良いなぁ。
DSC_0001.JPG
株全体の様子。成長具合は良好のようです。
DSC_0002.JPG



こちらは日本カボチャの神田小菊。
DSC_0003.JPG
カボチャの近くに、小さなトウモロコシが育っているのも写っています。お分かりになりますでしょうか。この畝には他にもインゲンを植えています。
アメリカインディアンの農法に倣った育て方ですが・・・本来は西洋カボチャでやるようです。ここでは西洋カボチャと日本カボチャの両方を植えています(西洋カボチャと日本カボチャは交雑しないそうなので)。去年もこの組み合わせで、たくさんカボチャを収穫できたので、今年もチャレンジです。

ちなみに去年のトウモロコシは、虫にやられて収穫ゼロでした~(泣)


さて、借りている畑では初挑戦のキュウリ。1週間前に定植したものですが・・・
DSC_0007.JPG
いまいち元気がない。

アロイトマトは順調です
DSC_0006.JPG


他には、大根のこぼれ種をわざと畝にまき散らしながら、畝を整えてきました。
無数のタネが畝の上にも、通路にも落ちているはずなので、少なくとも間引き菜をたくさん食べれることと期待しています。